画像圧縮ツール

画像を圧縮してファイル容量を減らすツールです。一度に複数パターンの圧縮画像ファイルを作成し、元画像と圧縮後の画像を見ながら比較できます。

画像の選択
ここに画像をドロップ
または
ここをクリックして画像を選択
プロファイル
  • オリジナル- --
画質の比較
100%
----
----
フィードバック

よろしければ使った感想やコメントをお聞かせください。改善の参考にさせて頂きます。要望やバグ報告等もこちらから送信いただけます。質問や要望等に関して返答可能なものは、Twitterで行います。頂いたフィードバックは全てに目を通しております。感謝等のコメントについては基本的に返答することはありませんが、励みになっております。ありがとうございます。

フィードバック送信時のお願い
  • バグ報告の際は、使用環境(ブラウザ名・バージョン)、どういう操作を行ったときにどういう結果が生じたかを必ず添えて下さい。情報が不足していると、こちらでバグの再現ができず修正が行えません。
  • 不便な点は具体的にどこがどう不便でどう改善してほしいかを教えて下さい。「分かりづらい」「使いづらい」だけの情報が何もない内容だと改善しようがありません。
  • 返信が必要な場合はメールアドレスを添えて下さい。(必ず返信することをお約束するものではございません)


使い方

圧縮したい画像を選択します。対応している画像ファイル形式は、JPEG、GIF、PNG、WebP、BMPです。ファイルの読み込みが完了するとプロファイルエリアに3種類の圧縮画像情報が表示されます。ファイル形式ボタン/品質ボタンを押すことで、出力ファイルのフォーマット、画質、ファイル容量を調整することができます。画像を保存するにはダウンロードアイコンをクリックします。

圧縮した画像は、オリジナル画像や別の圧縮画像と並べて画質を比較することができます。ダウンロードアイコン横のボタンを押すと、プロファイルエリアの下に2つの画像が表示されます。

仕様

画質とファイル容量はトレードオフの関係です。品質の数値が低い程、画質が下がりますがファイル容量は小さくなります。高くするとその逆になります。

品質を大きくしすぎると元の画像よりファイル容量が大きくなることがあります(目安として90以上)。その場合も、元の画像より画質が上がるわけではありません。

作成する画像のフォーマットはJPEGとWebP形式に対応しています。ただし、WebP形式はGoogle ChromeとChromium版のMicrosoft Edgeのみ選択可能です。